建築工房ゆほびわ

伝統的な木組みの技術を受け継ぎ、自然素材で
居心地のいい住まいをつくる八ヶ岳南麓の工務店

LinkIconお問合せ TEL. 0551-47-4728

HOME > 親方の墨付け

親方の墨付け・ 棟梁 末吉徹郎 

「生きている木を、あるべき姿で建てる技」

木のクセを読んで、建物のどこに、
どんな木を、どの方向で
用いるのが最適なのか、
そうしたことに配慮して
”墨付け”ができる職人は、
今日ではあまりいなくなりました。

”墨付け”とは、現場でスムーズに
木材を組み合わせて
建てられるように、事前に木材に
墨で印を書き込んでいくことです。

墨付けは日本の伝統技術です墨付けは日本の伝統技術です。

墨付けは日本の伝統技術であり、それぞれの木が持つ特性を読み、
建物の構造部の役割や仕上がりの姿をよく理解して見極めるという熟練の大工の腕が求められます。

yun_3196.jpg

木は生きています。木材となってなお呼吸し、
大切な家をしっかりと支えてくれます。
木が木材として切り出される前に、どちらが根元でどちらが上で立っていたのか、そうしたことは普通の人ではなかなか分からず、またそれに配慮して家を建てようとは一般にはされていません。

木が立っていたように素直に、
あるべき姿で建てる、それが、ゆほびわの親方の考えです。

構造部は家にとって大事な部分。
熟練工による手作業であれば、たとえ完成したときに見た目にわからなくても、
最適な配置になるよう工夫することができます。

一般的には…

一般的に大手ハウスメーカーなどでは、木の資質を一本一本みるといった手間、技術を省き、木材を工場で画一的にカットします。
そして、湿気などで歪んだりするアソビの部分を多く取り、それを金物で締め付けることで家を仕上げます。金物は結露による腐食などの可能性もあります。

伝統技術は…

dsc_015940.jpg

一方、木の性質や使う場所をひとつひとつ丁寧にみて、墨を付け、手で刻み、金物を使わず建て方を行って家を完成させていくことは、伝承する価値のある日本の伝統的な技であり、それに取り組めることはいつでも楽しいことです。